ピロリ菌とは

ピロリ菌は日本人の2人に1人の割合、40歳以上では7割の人が感染していると言われています。正式にはヘリコバクター・ピロリといい、胃の中に感染している、らせん形の細菌です。 ピロリ菌は胃粘膜の隙間に入り込んで炎症を起こし、慢性胃炎や消化性潰瘍の原因となります。さらには慢性胃炎が胃癌の発生に強く関係することが明らかとなっています。
ピロリ菌感染があっても胃癌を発症する人はごく一部ですが、厚生労働省の調査によると、ピロリ菌に感染している人は、感染していない人に比べて胃癌になる確率が5倍になるとされています。また、胃癌の治療後に、ピロリ菌を除菌することで、新たな胃癌の発症が1/3程度にまで減少することもわかっています。

 当院では内視鏡検査ができないなど、諸事情により保険適用が認められない場合は、保険診療の他に自由診療でも除菌療法をご提供致しております。

ピロリ菌の感染診断・除菌判定の方法

内視鏡を用いない検査

尿素呼気試験法

ピロリ菌は、胃内の尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解します。尿素呼気試験法は、尿素を含んだ検査薬を内服し、服用前後で呼気に含まれる二酸化炭素の量を比較する検査です。検査時間は20分で済み、苦痛もありません。この検査方法は精度が高く除菌判定に適しています。

ピロリ抗体もしくは抗原測定法

血液・尿もしくは便に含まれる、ピロリ菌に対する抗体や抗原の有無を調べる検査です。 陽性であれば、ピロリ菌に感染していると診断できますが、偽陰性といって、感染していても陽性と出ないことがあります。

内視鏡を用いる検査法 (※内視鏡は予約検査となります。)

迅速ウレアーゼ法

ピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌し、尿素を分解します。内視鏡時に胃粘膜組織を採取して、ウレアーゼの反応を検査する検査です。2時間程度で結果が判明し、高い特異性を有しています。

鏡検法

胃粘膜の生検組織をHE(ヘマトキシリン-エオジン)染色あるいはギムザ染色により染色固定し、顕微鏡でピロリ菌の有無を観察する検査です。

培養法

胃粘膜の生検組織から、ピロリ菌を培養し有無を確認する検査です。

除菌治療薬について

除菌には2種類の抗生物質と1種類の制酸剤の、計3種類の内服薬を1日2回、1週間服用します。服薬終了後、4週間後以降に尿素呼気試験を行い、陰性なら除菌成功です。ただし、除菌が必ずしも成功するとはいえません。薬が効きにくい耐性菌や菌量にも影響され、一次除菌の成功率は75%前後とされています。
一次除菌に失敗した場合は、二次除菌を行うことができ、その場合の除菌成功率は97%と言われております。なお、一度除菌成功すれば、再感染は原則ありません。
但し、胃がんや胃潰瘍のリスクは減りますが、胃がんや胃潰瘍にならないわけではないので、胃がん検診は毎年受けるようにしてください。
※除菌療法により下痢、味覚異常、湿疹などの副作用や、除菌後に逆流性食道炎が現れる場合もありますので、そのような症状が現れた場合には、担当医または薬剤師にご相談ください。

除菌後について

ピロリ除菌により、慢性胃炎症状がある程度改善する可能性があります。特に胃がんのリスクを減らすことが可能です。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防も期待できますが、前述の通り、胃がんや胃潰瘍にならないわけではないので、胃がん検診は毎年受けるようにしてください。
不明な点・疑問点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ピロリ菌外来の費用

当院では、日本ヘリコバクター学会のガイドラインに沿って、ピロリ菌の除菌を行っております。
ピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃癌の発生に関係があることが証明されており、ピロリ菌の除菌で、これらの疾患の発生のリスクを有意に減少させます。
2013年2月からの法改正により、ピロリ菌除菌の適用範囲が拡大されました。

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・胃MALTリンパ腫
・内視鏡治療を受けた早期胃癌
・特発性血小板減少性紫斑病

今まで保険で認められていた上記疾患以外にも、それよりも症状の軽い「胃もたれ」などの検査でピロリ菌の感染が確認されて、内視鏡(胃カメラ)検査で「慢性胃炎」と診断されて、検査によりピロリ菌の感染が確認された場合保険診療にてピロリ菌の除菌が可能です。
それ以外の場合は、現状では自由診療(100%医療費自己負担)となります。
しかし、症状などの詳細を確認して保険が使用できる場合もありますので、 自由診療か保険診療かの適応は、御来院してから確認させて頂きます。
したがいまして、保険証は持って御受診下さい。

当院の自由診療の場合の費用はこちらから。

医院概要

TEL 043-242-5888
〒261-0005
千葉市美浜区稲毛海岸5-3-1
(稲毛海岸メディカルセンター1階)

交通のご案内

  • 駐車場137台完備
  • 「JR稲毛海岸駅」から徒歩15分
  • 「JR稲毛海岸駅」から路線バスで5分
  • 「JR稲毛駅」から路線バスで11分
  • バスプラウドシティ・ヤオコー前下車

診療時間

土曜日の診療時間は9:00~13:00
休診日 木曜・日曜・祝日
平日受付時間 午前9:45~12:30 午後14:45~17:30 / 土曜受付時間 8:45~12:30
※診療が込み合った場合、時間内でも受付を終了させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※午後の診療開始が内視鏡手術の延長により、遅れることがございます。

内視鏡・超音波検査

土曜日の超音波検査:14:00~17:00
土曜日の上部内視検査:9:00~13:00
土曜日の大 腸内視検査:14:00~17:00
※ 水曜日、土曜日の内視鏡検査は「国立がん研究センター東病院」非常勤医師が担当致します。