便秘外来とは

便秘は腸内環境を乱す立派な病気です。
便秘が起きる原因は、ストレスや腹筋力の低下、女性ホルモンの乱れ、運動不足、体の冷えなど複合的に絡み合っています。
整腸剤や便秘薬を使っても、便秘がなかなか解消されないと言う場合は、何か別の病気にかかっている可能性があります。
自己判断で便秘薬を飲み続けたりしていると、症状を悪化させてしまう恐れもあります。
自然で規則正しい便通が得られるまで、少々時間を要しますが、当院での診察・検診で、別の病気の検査とあわせて、便秘が解消できるようになりますので、是非お気軽にご相談ください。

こんな方はご相談下さい

  • 便秘と下痢を交互に繰り返す
  • 便秘か下痢が2週間以上も続く
  • 血便や黒い便が出る
  • 強い腹痛がある
  • 排便の後も、便が残っている感じがする
  • 腹部に張りがある など

たかが便秘と思って安易に市販の下剤で対処していたら、腸の働きがどんどん落ちて、重症の便秘になってしまうかもしれませんので、お気軽にご相談下さい。

機能性胃腸症とは

検査では胃に潰瘍やがんなどの異常が見つからないのに、胃の不快な症状が続く状態を総称して「機能性胃腸症」と呼びます。これまでは胃下垂、胃けいれん、神経性胃炎、慢性胃炎などと呼ばれてきたものが、これに含まれます。

機能性胃腸症の原因

胃の機能が低下する原因としては、主に加齢によって、自律神経の働きが低下する、内視鏡ではわからない微細な炎症が粘膜やその奥にある筋肉に起きているなどが考えられています。

胃の機能が低下した場合、食事に伴って胃もたれや膨満感、みぞおちの痛みなどの症状が現れます。また、ストレスがあると、脳からはストレスのホルモンの一種が分泌され機能性胃腸症の原因となります。

機能性胃腸症の治療には、胃の動きをよくする「消化管運動改善薬」や胃酸の分泌を抑制し、胃や十二指腸への刺激を減らす「胃酸分泌抑制薬」、ストレスの影響が大きいと判断された場合には「抗うつ薬・抗不安薬」が使用されます。

機能性胃腸症の対策

胃腸は他の器官に比べても非常にナーバスな臓器です。機能性胃腸症を改善するためには、日ごろからストレスを溜めないことが大切です。そのほかにも、次のように直接胃に関する事にも注意が必要です。

  • 胃が休めるように空腹の時間を設ける
  • 早食いやドカ食いをしない
  • 食事を抜かず、1日3食をよくかんでゆっくり食べる
  • 脂っこいものや甘いものなど、胃にもたれそうなものは避ける
  • お酒を飲まない
  • タバコを吸わない

検査で異常がなくても、なんとなく胃腸の不快感を感じているなら、単なる思い過ごしと思わずに、当院までご相談下さい。

医院概要

TEL 043-242-5888
〒261-0005
千葉市美浜区稲毛海岸5-3-1
(稲毛海岸メディカルセンター1階)

交通のご案内

  • 駐車場137台完備
  • 「JR稲毛海岸駅」から徒歩15分
  • 「JR稲毛海岸駅」から路線バスで5分
  • 「JR稲毛駅」から路線バスで11分
  • バスプラウドシティ・ヤオコー前下車

診療時間

土曜日の診療時間は9:00~13:00
休診日 木曜・日曜・祝日
平日受付時間 午前9:45~12:30 午後14:45~17:30 / 土曜受付時間 8:45~12:30
※診療が込み合った場合、時間内でも受付を終了させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※午後の診療開始が内視鏡手術の延長により、遅れることがございます。

内視鏡・超音波検査

土曜日の超音波検査:14:00~17:00
土曜日の上部内視検査:9:00~13:00
土曜日の大 腸内視検査:14:00~17:00
※ 水曜日、土曜日の内視鏡検査は「国立がん研究センター東病院」非常勤医師が担当致します。