当院の上部内視鏡検査の特徴

1.確かな技術による苦痛のない挿入と正確な診断能力

当院の院長は国立がん研究センター東病院にて多数のがん患者様の症例を経験してきました。多くの早期がんを経験することにより、進行胃がん、進行食道がんの診断は当然のことながら、早期胃がん、早期食道がんの診断には経験豊富です。
また内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を多数経験してきていることにより、高度な治療の技術もあるため、治療の施行には正確に内視鏡を操作する技術が必要ですが、確実な挿入技術により、苦痛のない内視鏡検査を可能としています。
また、当院院長の前職の亀田メディカルセンター幕張では、エグゼクティブドックを担当してきましたので、その手法を用いて、安定剤を使用して非常に楽に内視鏡を挿入することをさらに可能としています。

2.安定剤を使用した経口内視鏡による苦痛のない正確な検査

現在、経鼻内視鏡も普及してきていますが、当院では、あえて現在のところ、経鼻内視鏡は採用していません。院長が亀田メディカルセンター幕張消化器科部長時代に経鼻内視鏡も導入して経鼻内視鏡も多数経験していますので、経鼻内視鏡も得意な手技ですが、多く経験したからわかることですが、現在のところ、経口内視鏡に比較し、画質が悪く、万が一、病理検査が必要な場合でも正確に生検できない部位があるのが現状です。また経鼻内視鏡すべてが必ずしも楽な検査とは言えません。当院は院長が勤務してきた亀田メディカルセンター幕張のエグゼクティブドッグで経験してきた安定剤と鎮静剤(麻酔)を使用することで、苦痛なく、ご希望の患者様には眠って検査を受けることが可能ですので、バリウムの検査よりも楽な検査と好評をいただいています。

3.最新内視鏡を用いたハイビジョン画質とNBI拡大観察による精密診断

当院は次世代の内視鏡といわれるオリンパス社製 EVIS LUCERA ELITE(290シリーズ)を千葉市では一番で市場導入することにより、これまでの内視鏡より鮮明なハイビジョン画質と次世代のNBI(Narrow Band Imaging)を使用することで確実な技術にもつながり、これまで発見が比較的難しいとされてきた早期食道がんの発見や胃がんの診断にも使用することでより精度の高い内視鏡検査を行っています。

4.NBI拡大内視鏡を用いた早期咽頭がんの診断

当院はNBI拡大内視鏡を用いているため、これまで進行がんでしか、発見不可能とされてきた早期の咽頭・喉頭がんの診断も可能です。

早期咽頭がん

◎ 画像はクリックすると拡大します。

通常光観察による梨状窩(りじょうか)の画像。 NBI観察に切り替えるとブラウニッシュエリア(病変部)を認めます。 拡大することにより、異常血管(IPCL)を認めることにより、早期咽頭がんと診断できます。

上部内視鏡検査での症例

早期食道がん

◎ 画像はクリックすると拡大します。

通常光による画像。 NBI拡大内視鏡によりブラウニッシュエリア(病変部)が認められ食道がんと診断できます。

早期胃がん

◎ 画像はクリックすると拡大します。

通常光ハイビジョン観察です。 NBI拡大内視鏡にすることで病変部(陥凹-かんおう-)がはっきり認識できます。
さらに拡大内視鏡を用いることで、異常血管(IMVP)と正常部分との境界(デマルケーションライン)を認めることで、早期胃がんと診断できます。

食道・胃内視鏡検査

胃カメラ検査(食道・胃内視鏡検査)

食道・胃内視鏡検査は通称「胃カメラ検査」とされています。
胃カメラ検査は内視鏡を口から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行います。
内視鏡は非常に細いので、苦痛も少なく検査を受ける事ができます。
今までの経験を生かし、丁寧でやさしい診療を行っていきます。
ご要望の方には鎮静剤の静脈注射によるリラックスした検査も可能です。

こんな方は食道・胃内視鏡検査をおすすめします

胃がんは、早期であれば治療のしやすい部位であるにもかかわらず、相変わらず日本人の癌部位別死亡数では男女共に2位となっています。
胃がんの罹患者数は男性が女性のほぼ倍で、特に40歳代から増加します。
集団検診で要再検査といわれた場合はもちろん、「しばらく胃の調子がおかしいな」というときも、早めに検査を受けた方が安心です。 初期症状が無い場合でもご家族が潰瘍や胃炎・胃がんなどの病気を罹っている場合には、胃カメラの検査が早期胃がんの発見に有効です。

検査の重要性

内視鏡検査は、病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果しています。
内視鏡検査は、過去に辛くて苦しいと体感された方もおられると思いますが、現在の内視鏡技術は格段に進歩しており、当院院長の確かな技術と最新の内視鏡を用いることにより、 苦痛が無い精密な検査を行う事が可能となっています。
過去に苦痛が強かった方は鎮静剤を使って半分眠りながら検査を受けることもできます。

検査の注意点

  • 午前中に検査を行う方は、前日の夕食は軽くとり、夜10時以降は何も食べないで下さい。水分は十分にお取り下さい。また、検査当日は絶対に朝食をとらないでください。
  • 午後に検査を行う方は、検査当日の朝8時までに食事をおすませください。水はご自由にお飲みいただいて結構です。
  • 予約時間においで下さい。
  • 高血圧・心臓病のお薬を常用されている方は、少量の水で服用してご来院ください。
  • 検査は10分程でほとんど苦痛もなく済みます。検査後しばらく、のどの辺りにしびれた感じが残りますので、しびれがとれるまで飲食はなさらないでください。(30分ほど)
  • 前の検査の方に時間がかかったり、緊急検査のためにお待ちいただくことがございます。予めご了承ください。
  • 検査の際、病理組織検査をされた方は、検査後1時間程度お食事はとらないでください。その日1日はなるべく安静にし、おかゆ・うどんなど柔らかい食事がよいでしょう。翌日からは普通にお食事をされて結構です。組織検査の結果に2週間程度かかりますので、受診されて医師より結果をお聞きください。
  • 鎮静剤の静脈注射をご希望の方は車でのご来院はご遠慮下さい。

検査の流れ

検査は受付から終了まで概ね2時間程度かかります。

検査予約

  1. 受付(新患申込書・問診票記入)
    看護師の指示に従ってご記入下さい。分からない事などございましたら、お気軽にお尋ね下さい。
  2. 問診
    内視鏡(胃カメラ)検査を行う事前チェックとして担当の看護師が問診を行いますので、質問にお答え下さい。
  3. 診察
    検査前に、院長が診察を行います。検査を行うにあたり問題がないかを確認します。また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れを説明します。

検査当日

  1. 検査前処置
    (1) 消泡剤を飲みます。
    (2) のどに麻酔スプレーをかけます。
    (3)希望や状況に応じて、苦痛のないように、反射を抑える薬と不安を和らげる安定剤を注射致します。
  2. 検査
    内視鏡(胃カメラ)検査を行います。力を抜いて楽な姿勢で受けて下さい。
    検査は5~10分で終わります。
  3. 休憩
    検査が終わったら、回復室のリクライニングシートで、ゆっくりお休みください。気分が悪い時は、すぐ看護師に伝えて下さい。
  4. 検査結果説明
    大画面モニターにて実際の検査画像をご確認頂きながら、医師が検査結果の説明を行います。その後、看護師より検査後の注意事項の説明を聞いて終了となります。

医院概要

TEL 043-242-5888
〒261-0005
千葉市美浜区稲毛海岸5-3-1
(稲毛海岸メディカルセンター1階)

交通のご案内

  • 駐車場137台完備
  • 「JR稲毛海岸駅」から徒歩15分
  • 「JR稲毛海岸駅」から路線バスで5分
  • 「JR稲毛駅」から路線バスで11分
  • バスプラウドシティ・ヤオコー前下車

診療時間

土曜日の診療時間は9:00~13:00
休診日 木曜・日曜・祝日
平日受付時間 午前9:45~12:30 午後14:45~17:30 / 土曜受付時間 8:45~12:30
※診療が込み合った場合、時間内でも受付を終了させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※午後の診療開始が内視鏡手術の延長により、遅れることがございます。

内視鏡・超音波検査

土曜日の超音波検査:14:00~17:00
土曜日の上部内視検査:9:00~13:00
土曜日の大 腸内視検査:14:00~17:00
※ 水曜日、土曜日の内視鏡検査は「国立がん研究センター東病院」非常勤医師が担当致します。